赤ちゃんと保湿

赤ちゃんのお肌はスベスベですが、皮膚の厚さは大人の半分ほどしかありません。
皮脂量も水分量も少ないため、とてもデリケートな状態です。

 

おなかにいた頃は羊水の中でお肌が守られている状態ですが、生まれてきてからは、紫外線やホコリなど刺激を受けやすく、すぐにトラブルにつながってしまいます。

 

離乳食やミルクを飲んだあと、お口の周りをガーゼで拭きますが、これもデリケートな赤ちゃんのお肌にとっては大きな刺激になってしまいます。そこで、きちんとしたスキンケアが必要になりますが、特にうるおいをお肌に与える保湿を行うことが重要になります。うるおいがお肌を刺激から守り、乾燥しやすい冬にもきれいなお肌を保ちます。

 

どのような保湿ケアが必要か

 

ケアをするには、水分量が多いローションタイプ、油分が多いオイルタイプ、中間のミルクタイプを使うことになります。新生児から生後2カ月頃までは皮脂が多く分泌されるので、ローションタイプがおすすめです。

 

3ヶ月以降は皮脂量が減るので、オイルタイプやミルクタイプがいいでしょう。入浴後の清潔なお肌に塗ってあげるのが基本ですが、食後に口の周りを拭いたときも塗ってあげると効果的です。

 

デリケートなお肌に使うものですから、赤ちゃん用と記載されている商品の中から選ぶようにして、体全体に使う前に少量のパッチテストを行うと安心です。毎日継続することで、健康な赤ちゃんのお肌を守ることができ、乾燥によるかゆみも感じにくいです。

アロベビーミルクローションの2歳の本音レビュー

 

2歳になる娘は肌が弱く、首周りの汗疹、オムツかぶれ、お腹の乾燥と肌のトラブルが多かったのです。そんな娘の保湿ケアにアロベビーミルクローションを購入してみました。

写真を沢山載せているレビューし口コミ情報もまとめています。
ミルクローションに興味がある方はコチラを参考にしてくだい

>>レビュー記事はコチラ