最近は、赤ちゃんにもしっかりUVケアをしてあげるお母さんが増えてきています。紫外線は私たちのお肌を形作る細胞にダメージを与え、シミやシワ、乾燥、皮膚がんの原因となり得ます。いつまでも若々しく健康なお肌を保つためには、赤ちゃんの頃からしっかりUVケアをしていくのが理想的です。

 

しかし、一日の大半を室内で過ごす赤ちゃんは、大人に比べて外に出ている時間は長くありません。移動するときも車が多いですよね。果たして、家の中などの室内や車の中で過ごす場合でも、UV対策は必要なのでしょうか。室内や車の中までも紫外線は届いているのでしょうか。室内や車の中におけるUVケアについてご紹介いたします。

 

家の中や車内は日焼け止めが必要?

結論からお伝えすると、室内や車の中にも紫外線は届いています。運転する時間の長いトラックの運転手さんなどは、右側の腕だけ真っ黒に日に焼けていたりしますよね。あれは、車の窓を通過して車内に侵入してくる紫外線の影響です。同様に、家の中にいても、窓ガラスを通って紫外線が降り注いでいます

 

よって、外に出ないからと言って、UVケアが必要ないことはありません
例えそれが窓ガラスを通過したものであっても、日の当たる場所にいる時は、欠かさずUVケアを行いましょう。

 

外と同じケアが必要?

それでは、室内や車の中でも長時間外にいる時と全く同じUVケアが必要なのでしょうか。そうではありません。車や家の窓ガラスを通過できるのは、紫外線の中でも一部の種類だけなのです。紫外線は、その波長の長さによって、UV-A、UV-B、UV-Cの3種類に分けられます。これらは、それぞれお肌に与えるダメージの大きさ、そして透過力が異なっています。

 

お肌に与えるダメージは、UV-A、UV-B、UV-Cの順に強くなっていきます。一方、雲やガラスを通過する能力は、UV-C、UV-B、UV-Aの順に強くなります。この中で、室内や車の中にまで届いているのはUV-Aだけです。

 

よって、室内や車の中での赤ちゃんのUVケアは、0主にUV-Aへの対策となります。
UVケアというと、日焼け止めの利用が一般的です。日焼け止めは、商品によって紫外線を防ぐ強さが異なります。紫外線を防ぐ強さを示す指標として、SPFとPAという2つの指標が使われます。

 

SPFはUV-Bを防ぐ時間を示し、PAはUV-Aを防ぐ強さを表しています。

 

 

室内や車の中でのUVケアを目的に日焼け止めを選ぶ際は、PAの値を参考にしてください。

 

一般的に、紫外線を防ぐ効果が強い日焼け止めほど、お肌への負担も大きくなりがちです。室内や車の中で浴びる光の強さによって、必要最低限のPA値をもつ日焼け止めを選ぶと良いでしょう
 
また、紫外線透過率を下げるガラスやカーテンも販売されています。これらと併用して、少しPA値が低めな日焼け止めを利用すると、より赤ちゃんや子供のお肌に優しくUVケアができます。生活環境に合わせたUVケアで、いつまでも美しいお肌を保ちましょう

 

 

将来の赤ちゃんのしみ、そばかすの原因となる赤外線の蓄積を防ぐオーガニック日焼け止めアロベビーUVクリーム。私は赤ちゃんの日焼け止めとしてアロベビーUVクリームを毎年のように使っています。100%天然由来のUVクリームで合成の紫外線吸収剤が使用されていないので赤ちゃんの肌にも優しいです。

 

>>アロベビーUV&アウトドアミストのレビューはコチラ