肌老化の80%は紫外線によるものと言う説があります。それほどまでに紫外線がお肌へ与えるダメージは大きいのです。紫外線を浴びると、お肌の中でメラニン色素が作られます。このメラニンが増え続けると、シミが出来てしまいます。しかし、紫外線がお肌に及ぼす作用はシミだけでは有りません。

 

表皮にまで到達した紫外線は、コラーゲンを変性・劣化させてシワの原因となります。さらに紫外線によって細胞のDNAが損傷して、お肌の構造自体を変えてしまうこともあります。紫外線は生まれた時から、お肌に蓄積されていきます。このような紫外線によるダメージを避けるためには、少しの散歩でも赤ちゃんにはUVケアが必要になります。

 

赤ちゃん日焼け止め時期

UVケアを始める時期は、早いに越したことは有りません。赤ちゃんはみんな、つるつるモチモチのキレイなお肌をしていますよね。この美肌を少しでも長く保つために、赤ちゃんの頃からUVケアを始めましょう。

 

紫外線は天候に関わらず毎日降り注ぎます。太陽がまぶしい快晴の日は、嫌でも紫外線を意識します。しかし、あまり太陽の光を感じられない曇りの日や雨の日にはついつい油断してしまいがちです。

 

確かに、曇りや雨の日は、晴天の日よりも紫外線の量は少ないです。少ない量といえども、紫外線は私たちのお肌へ届き、着実にダメージを蓄積させていきます。赤ちゃんや子供と外にお出掛けするときは、忘れずにUVケアをしてあげましょう。

 

赤ちゃんのお肌はシミ、シワ、くすみが無くとてもキレイです。一方、すぐに赤みが出たり湿疹が出てしまったりと、デリケートな一面も有ります。なので、赤ちゃんのお肌に使う日焼け止めは、なるべくお肌に優しい商品がオススメです。

 

日焼け止めには、多くの種類があります。まずは、紫外線を防ぐ方法によって、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類に分けられます。さらに、紫外線を防ぐ強さも商品によって異なり、SPFとPAという2つの指標によって表示されています。お肌への優しさを考えて、あまり紫外線を防ぐ効果が強すぎない日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

 

日焼け止めは、紫外線によるダメージを防ぐことが出来る一方、お肌に負担をかけてしまいます
お肌に与えるダメージを最小限にするためには、必要最低限の効果をもった日焼け止めを選ぶことが大切です。空から降り注ぐ紫外線の強さは時期によって異なります。

 

紫外線は一年中降り注いでいますが、4〜9月の時期には特に強く降り注ぎます。さらに地域により異なりますが、7〜8月にピークを迎える場所が多いです。散歩などの少し時間でも紫外線の多い時期は日焼け止め(UVクリーム)で対策をしっかりしましょう

 

紫外線量が多い春や夏は、紫外線を防ぐ指標であるSPFやPA値が高めの日焼け止めを使い、紫外線のダメージ防止を優先させましょう。

 

そして、紫外線量が減少しがちな秋から冬にかけては、SPFやPA値が低めの日焼け止めを選んで、お肌への負担を減らしてあげましょう。天候や時期に合わせたUVケアを行うことで、お肌本来の美しさを守ることが出来ます。

 

 

将来の赤ちゃんのしみ、そばかすの原因となる赤外線の蓄積を防ぐオーガニック日焼け止めアロベビーUVクリーム。私は赤ちゃんの日焼け止めとしてアロベビーUVクリームを毎年のように使っています。100%天然由来のUVクリームで合成の紫外線吸収剤が使用されていないので赤ちゃんの肌にも優しいです。

 

 

>>アロベビーUVクリームのレビューコチラ